突然に痛風が襲う

昨日も暑かった。
独身寮に直行し管理人との定例打ち合わせをし、それから会社に。古池の解体作業が始まりその監督。何やかやと外に出た。暑かった。夕方、終業のベルが鳴った。そしたら突然、左足に痛風が出た。これまでは親指がもぞもぞと前兆があったのだが、今回はなし。

家に帰ってイテー、イテーと騒いで寝た。アイスノンで冷やすと冷たすぎてかえって痛い。やめるとまた痛い。そのうちに眠った。
北海道の山で高カロリーのパンを食べたのが影響したか、年甲斐もなく無理をしたのが足に来たか。はたまた勤務中の水分取得が少なかったか、わからん。

幸い、今朝は痛みも軽くなった。がぶがぶ水分を取ることにする。いずれ薬を飲まなくてはいけないかな。

シェル株が高騰
ついに昭和シェルに東燃ゼネラルの株価が抜かれた。
一時は半値の400円台だったが、太陽電池の業績回復でほぼ一本調子に上がったシェル。TGはそれに比べ900円台で止まっている。バイオ燃料の発電所建設を川崎の製油所跡地でやると発表したら1000円のストップ高にもなった。

ガソリンが160円を突破し、高い!高い!と報じられている。でも、レジャーシーズンだし、あまりの暑さで自動車を使って移動するようで、ガソリンの売れはいいらしい。この瞬間はそれでもいいが、高騰燃費は石油会社にとっては消費離れを加速することになる。

シェルの株価アップは多角化することへの投資家の好反応か、TGの「安定」株価は本体に固執することへの信頼か、目を離せない。相変わらず毎月定額でTG株を買っている私にとっては、すごい影響がある。売ったり買ったりするわけではないので、今のところ外野席で傍観しているだけ。
スポンサーサイト

コメント

昭シの株価は、配当を倍増したことが大きい(18円→36円)
高配当で鳴らした東燃ゼネと遜色なくなったら、多角化で将来性がありそうな昭シに抜かれるのも道理

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

和田 伸夫

Author:和田 伸夫
全石油ゼネラル石油労働組合の事務局長をしています。
労働問題などに相談がある人は、遠慮なく連絡をください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク