孫3人

わが家には長女一家と次女一家が来て、最も多いときで「お客さん」が7人・・・・それに義母とわが夫婦で10人だ。孫は娘3人。生まれて3週間の子は腹が減ったと泣き声にも勢いが出てきた。夜中、3時間ごとに泣いて、親というのは大変なものだ。

長女の子はもう小学校と幼稚園だから、夏休みで長期にいる。孫娘3人を中心にわが家の生活が動いている。
スケボーや自転車、一輪車を乗っている。プールで顔を見ずにつけられるようになった。「逆上がりが出来るよ」、すごい。通信簿は夏休み前でなく、2学期制になったので10月に出るらしい。へんなの。大体、通信簿を見せ合って夏休みだったはずだ。

生後3週の赤ちゃんを私は、たまに抱っこをする程度。遠くで見ているだけでいい。

段々治ってきた足の病気
渦中のときはこのまま足が動けなくて、ハイキングもいけないのではないかと心配していたが、どうにかなりそうな感じがする。まだ足を曳きずるが、段々良くなってきた。
反省の持続をいかになしとげるのか。

会社のこと
昨日は芝草管理の業者が、安全ベルトをつけずに運転していたのを見つかった。「1日、構内での運転禁止」の処分をされた。業者の監督が謝りにきた。ちょっとした移動で・・・・その話を聞いて、「馬鹿だな!スピード違反は聞いたが、ベルト未着は初めてだ」と笑ってしまった。

野良猫退治で「猫よけサンド」を何箇所かにまいたが、その2日後、散布した黄色の砂の上に猫が横になっている写真を同僚から見せてもらった。「水を流した影響があるんだろうが、効かないね」と彼。
猫愛好家は餌与えのゲリラ作戦に打って出ている。私は職務柄、何度か餌の索敵・撤去をした。

体育館周りの排水管が流れないので、今日、専門業者にジェット噴射とヴァキュームカーで清掃してもらった。工場建設以来始めてのこと、つまり半世紀以上だろう。ピットの土砂はコンクリートのように固まっていた。ハンマーでたたいても容易には壊れない。砂岩が出来る過程とはこういうことか。
大変な労力を投入し、排水ラインは貫通できた。必要な保守作業だ。

独身寮の管理人から、「最近、寮生でない社員の無断駐車で困っている」と連絡があった。寮から出た人が気楽に無断駐車して、寮生の駐車スペースにとめる、あるいは出入り業者が車も置けないというから質が悪い。「最近の若い奴は・・・・」とつい、いいたくなる。ナンバーを調べ、持ち主に警告しなくてはならない。

ということで、通風と戦いながら働いております。
北アルプスから戻った友人から、爺が岳はいい天気だったよと連絡があった。早く直してね、今度は一緒に行こうぜとの慰めも。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

和田 伸夫

Author:和田 伸夫
全石油ゼネラル石油労働組合の事務局長をしています。
労働問題などに相談がある人は、遠慮なく連絡をください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク