花子が死んだ

19時、花子が死んだ。一日中苦しんだが、意外に早かった。
私ができるのは水や牛乳をストローであげるだけだったが、できたら息子が帰る4日まで頑張ってほしいと思いつつ、ゼコゼコ苦しい様子を見るとこのまま続くのは可哀そう、早く死んだ方がいい。私の感情は両端にぶれた。

長女一家が昨日からきて、花子や!花子や!と看病。今日は次女一家も見舞いに来た。生まれたばかりの乳呑児もつれてきた。お別れができなかったのは北海道の長男だけ。電話で知らせたら、涙声だった。こちらも同じようなもんだけど、本当に我が家の一員だ。長女の子供=孫2人にとっては初めての家族の死亡。私などと同じように泣いていた。

通夜。私は久しぶりにアルコールを飲んでいる。
明日はたまたま出勤にあたっている。お葬式、お骨にしてもらう。ペットといっても本当に我が家の一家。亡くなって改めて命の大切さを感ずる。長男なんて、それこそ花!といって頭をたたくイメージしかなかったが、好きだったんだ。
花が死んだ

ありがとう花子ちゃん
スポンサーサイト

コメント

飼い犬が亡くなられた悲しみは良く分かります、私も18年飼っていた犬を亡くした経験してますから、きっと花ちゃんは幸せな一生を送られたといます、お婆ちゃんに抱かれて安らかな顔してますよ。
話は変わって和田さんが高度化法のとき東燃ゼネラルは3工場体制を維持することが果たして良いのかの議論が有りましたが、最近の工場の通油量を見ると納得するところが有ります、夏場のチャージ量の低さをみると、あと何年もつのかな?と心配になります、他社は系列が違っていてもバーターで閉鎖した工場のエリアをカバーしているようですし、起死回生は果たして有るのでしょうか?

花子は室内犬で家族と一緒にいただけに、ペットを越えた存在でした。みんなでみとられて死んだし、よかったかな。

TGの半期決算を見ると、ガソリンの販売が前年比平均1・5%程度マイナスだったのに、TGは4%強の減。つまり売り負けている。精製能力が適正なのか心配だ。輸出で今は乗り切っているが、またケミカルで救れたが、これがいつまで続くか?

3工場体制はいずれ見直さざるを得ないと感じています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

和田 伸夫

Author:和田 伸夫
全石油ゼネラル石油労働組合の事務局長をしています。
労働問題などに相談がある人は、遠慮なく連絡をください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク