夏に戻ったようだ

台風が日本海を北上し、風が強く、蒸して、夏が戻った1日だった。
朝から猫の餌があるというので摘発に行った。猫餌の空缶も2つ見つけた。あいかわらず資材倉庫には猫が住みついているようだ。見つけたら追い出してください、とお願いした。

<仕事のこと>

庶務の仕事というのは工場のベースつくりだから何でもする。
最近、工場への来客がすさまじく続いている。就職を前に高専の学生が学校単位で見学に来るというと40を超す。ヘルメットに安全メガネ、皮手袋を用意する。それが3度もあった。

来客が続くのは準備する方から言えば大変だが、いいことだ。積極的に「営業活動」をしているなと感ずる。
石油消費が減退し各社猛烈に競争している。だけど販売の前線と違って、工場ではそれが見えにくい。
エクソンから独立自立した会社がようやく顧客拡大に動きだした。庶務の仕事をしているとそれが見える。

まいっちゃうのが、飲料水の蛇口につける浄水器だ。工場の配管は古く飲料水に鉄さびが多い。ひどいところはお茶のように黄色くなり、あるいは赤くなっている。だから浄水器を取り付けるのだが、つまってしまい水が出ない、フィルターを変えてくれと物品要求が来る。
この金がバカにならない。いっそ配管を新設した方がいいんではないかとも思う。

工場入り口近くに安全ポールがある。今度、そのポールが見えるようにと周囲の枝の伐採をする。そもそもは台風対策で安全旗を降ろそうとしたら木に引っかかって取れなくなった。高所作業車を持ってきて伐採だ。その手配も庶務の仕事。机に座っている時間が少ない、面白いといえばなかなかに面白いものである。

ヘイトスピーチとかストーカー、嫌だなー
京都の朝鮮学校に右翼が宣伝カーを乗り付け、授業中の子供たちを脅かした。朝鮮学校はスパイ養成だとか、勝手に公園を使っていると言ったようだ。それに対し、京都地裁は罰金を科し、人種差別をするなと命じた。

この団体は新大久保のコリアンタウンでデモをしている。韓国人は出ていけ、殺せというから驚きだ。私はこのデモがいつあるのか知らないので抗議行動には参加していないが、もしわかっていたら私も抗議したい。

国境が低くなっているから余計に民族主義を意識する、別の言い方をすれば不安・不満な日常に対し怒りを在日に向けることで鬱憤晴らしをする。人間として困ったことだが、就職できない若者、不安定雇用の人がこの手の活動の担い手だという。怒りのベクトルが間違っている。

三鷹で女子高生がストーカー被害にあって殺された。ストーカーというのがまたわからない。
好きな相手からけっちんくらったと、腹を立てて嫌がらせをし、付きまとい、殺してしまう。恋とか愛はお互いが好きあってこそ成り立つ。嫌われたらしょうがない。嘆き悲しむ、ナンデ、でもあきらめる。普通はそうだ。それが憎悪し殺意に転ずる。自己中心、短絡的で「世界」が狭いとしか思えない。DVとも重なるんだろう。

ヘイトスピーチを法律で禁止することにマスコミは留保をつけている。恣意的な運用への警戒だ。だけど人種差別とか民族や部落差別には禁止の法制化が必要ではないか。
スポンサーサイト

コメント

三鷹の女子高生、マスコミでは報道されてませんが、相当女子高生とは思えないくらい卑猥で投稿とかまで恥ずかしい姿を自ら曝け出していたとか。真偽はともかく、なにか裏はありますよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク