まともになれと国会取り囲む

昨日は国会を取り囲む集会があり、18000人が参加した。真夏のように暑い中、沖縄に連帯し、共謀罪に反対する取り組みだ。森友・加計学園で露呈した安倍政権の政治の私物化はひどい。国会での無内容な答弁と質問者への低劣な弥次をする首相。一刻も早く退陣させたい。野蛮と暗黒が覆う政治を一掃しなくてはならない。そういう集会だ。

2017.6.10国会

OU川崎支部のOB10人で記念写真。組合旗にOB・OGの字入りだ。終わって有楽町で飲んだ。辺野古の座りこみに行ってきたF君の報告を聞いた。「73歳だから後ろで座ろうとしたら、ナニ若い者がといわれたさ。80,90の年配者が元気にやっていた。機動隊は座り込みをひきはがした後、わからないようにして腕をひねったり強く押したり、手荒だった」、とのこと。基地建設反対はこうした現場での戦いと県知事の裁判判断と名護市長選が焦点になっている。

来週は国会最終週にあたる。共謀罪の強行採決をなんとしても止めないといけない。昼から国会前座り込みがあり、できるだけ参加するつもりだ。

5月号の組合新聞は、次の通り。
悠YOU
2面の千葉トラブル記事について、内容があまりないよ、主張不鮮明とのご意見を伺っています。言われても致し方ありません。

加計学園疑惑が動くか

加計学園疑惑について、文化省の大臣が再調査をやるとようやく表明した。安倍首相筋から文科省に加計学園創設の圧力があったとする文書が、前事務次官が「あった」といっているのに、知らぬといって内閣、与党は調査を拒否してきた。ところがいろいろ出てきた。もう知らぬ存ぜぬでは行かなくなったということだろう。
森友疑惑よりもその額が2桁多いとんでもない事件だ。これが「情報操作」だ、デッチアゲだと言い張ってそれが通るなら、この世は闇だ。こいつらが共謀罪を成立させたら、それこそ恣意的に市民運動や労働運動は狙い撃ちを食らう。そして、空気を読む社会に純化し、戦争に進む。本当に怖いが、そう思うのはまだ一部なのか

昼のニュースでは、山形の小学校で北朝鮮のミサイル避難訓練をやっていた。頭を抱え膝まづく、これで救われると思っているのか!!!!!第2次大戦で空爆された時、ナパーム弾を水をかけ消そうと訓練したが、ガソリンなんで消せるわけがない。如何に北朝鮮の低レベルのミサイルでも、低い姿勢にすれば難を逃れるなんてありえない。

北朝鮮への戦争挑発をやりながら、撃ち込まれるかもしれないと社会をあおる。危機状況が権力者には最も都合がいい。
今必要なことは6か国協議の再開かどうかはともかく、東アジアの緊張緩和作ること。関係各国の政府そして民間レベルで。

毎晩のように夕方国会や日比谷の集会に出ていく私に、何で集会に行くのと孫に聞かれた。保育園の迎えをした後にそそくさと出ていくのは奇異に感ずるのであろう。お前たちが大きくなった時に平和な社会であってほしいからだよ、と答えたがまもなく4歳児に分かるわけないか。

岩タバコ
予定していた8日の日光の花見ハイキングが天候理由で延期になったので、7日久しぶりに高尾へハイキングした。平日なので人も少なく気持ちが良かった。蛇滝近くの岩タバコはまだこの通り葉タバコのみ。開花するのはまだ1月後だな。
川沿いの道では梅がたくさん落下しており、まだ木にあるのを飛び上がって取った。500gもあって、これは黒酢つけにした。また、桑の黒い実、甘くて食べ過ぎてお腹を壊すよと注意されたなと懐かしかった。

明日午後、国会周辺を包囲する大行動がある。共謀罪と辺野古新基地反対だ。わが組合のOBは今回も憲政会館あたりに集まることにしている。

日本社会が退行している

5日、世界の作家らで作る「国際PEN」は会長名で、日本の共謀罪に反対する声明を出した。表現の自由とプライバシーの権利侵害である、と。
それを受けて、日本ペンクラブの浅田次郎会長が共謀罪反対で記者会見をし、「心強く思うが、恥ずかしいとも思う。この法律はどう考えても必要とは思えない。日本の歴史の退行だ」と述べた。
私もまったく同感だ。日本社会が戦前の軍国主義、治安維持法的な監視社会に戻ろうとしている。国連の専門家からの批判にも、喧嘩腰で、「お前に言われるいわれはない」との政府の対応は情けない。
「空気を読む」とか「忖度」が幅を利かせ、批判精神は隅に追い込まれる。それがさらに深まれば、社会は沈滞し、企業も気が付いたら東芝になっている。日本沈没であろう。

すでに通信傍受はひどいことになっている。社内のメールなどは全てみられていると心すべきだ。我々は剣ヶ峰を越え、塀の中に落ちようとしている。共謀罪審議もそうだが、森友・加計疑惑への不正な政府与党の対応はひどい。


トランプがパリ協定離脱を宣言した
地球温暖化を止めるというよりも、無策ならば世紀末4℃上昇するところを、CO₂削減努力で2.5度上昇に抑えようというのがパリ協定。中国やアメリカを含めほとんどの国が応じた。トランプ大統領は、選挙戦から離脱を言っていたが、ついに本当に離脱を発表した。サウジには兵器を大量に売り紛争を煽り立て、そして地球環境の持続維持には後ろむき。恥ずべき政治である。

世界各地の異常気象はアメリカを含めますますひどくなっている。その結果として紛争、難民が発生する。
例えばシリアの内戦の背景には雨が降らず乾燥化があって、更に独裁政権による水を多く使う綿畑推奨で地下水位が下がり農民が難民化した。それに「アラブの春」の民主化が加わり、内戦をもたらした、という。
昨年も中国南部では大雨冠水で大きな被害があった。アフリカでは恒常的な乾燥化で、南スーダンを含むサハラ南部地域の紛争激化となっている。
このまま地球異変が続けば、食えない難民が国内外を移動する大変な事態になる。
南極では巨大な氷山が大陸から離脱しようとしている。溶けると海面を10㎝上げるほどの大きさだという。北極の氷の薄さやシベリアの地中氷の溶解など、もう後手後手になっている。にもかかわらず、トランプは「アメリカ第1」でパリ離脱する。本当に困ったことだ。
片や日本は、
原発事故を忘れ、原発を再稼働させ、再生エネルギーには二の足をふみ、強欲な企業家は石炭火力にまだこだわり、東京湾では3つの計画がある(さすがに環境省は厳しい態度に変わりつつあるが)。省エネルギーとエコエネルギーを進めないととても協定順守=今世紀末には温暖効果ガス実質ゼロはできない。
石油会社にとっても針路を切り替えていかなくてはならない。旧TGが市原石炭火力をやめたのはよかった。

軽井沢に1泊

新会社JXTGの保養所が軽井沢にあり、さっそく日月と1泊した。庭はコケが整備され、設備もよく、料理も良かった。
28日朝早くに家を立ち、小諸の布引観音に行った。山の上にあって一汗かいた。
布引観音

その後、地元の知り合いの案内で追分宿でそばを食べ、御代田の浅間山真楽寺へ。黒光りする三重塔や泉湧き出る大沼、藤の花棚がきれいだった。
展望のいいところからは浅間山が盛んに水蒸気を出していた。

翌日は、碓氷峠の見晴台まで1時間のハイキングをした。道が整備されており、軽井沢に行ったらぜひ歩くことを推薦する。
浅間山の煙は少なかった。反対側には妙義山の山塊が水墨画の世界であった。
浅間山を遠望

暗闇はいつまでも続くわけがない、と思いたい
安倍政権になってから秘密保護法、戦争法、そして共謀罪の法案反対とずっと強行されてきた。森友・加計疑惑は政治の私物化にもかかわらず真相究明をする気がない。「憲法9条3項に自衛隊をいれる」と改憲派集会でビデオ放映しておきながら、首相としての見解ではなく自民党総裁としての発言であり、詳しくは読売新聞を読め。国会でシャーシャーといって、通っている。

にもかかわらず、内閣支持率が過半数という世論調査。
内田樹は東京新聞で衆議院で法案採決後、このがっかり感をこんな風に書いていた。そもそも日本人は国民主権なんて信じていない。家庭では親に従い、生徒は先生に従い、従業員は経営者に反抗しない・・・・・だから共謀罪なんてできても、自分に関係しないし、お上が必要と判断しているんでしょう。

私も同感。何ともやってられない気分。日本はやがてアジアの混乱要因となるのではないか。
5月の訪韓時に知り合った方にそういうメールを送った。国会前の共謀罪強行採決抗議行動の写真をつけて
その返信が以下の通り。韓国の人は自信があって羨ましい。

I am proud of you who love peace and fight for it.
You said Japan is in darkness.
I want to say a line of song
which Koreans had sang last winter in Candle protests,
"Darkness can not defeat[frustrate] light[brightness].
I think your efforts toward peace as a light.
Let's cheer up and go forward to peace hand in hand.

OUのOBのF君が辺野古の座り込みに10日間行って帰ってきた。座り込みがたくさんいると搬入を阻止できるんだけどな、とのメールだ。暑い中、頑張っているな。

参院で共謀罪の審議が始まった。昼休みにも抗議行動があるのでこれから行く。
明日夜には日比谷公園でアムネステイやグリーンピースなども加わった共謀罪法反対の集会がある。

日光の山は新緑

和田は遊んでばっかりいると顰蹙を買っているかなとおもいつつも・・・・・・・
本日は日光中禅寺湖にある高山を登り、戦場ヶ原を歩いてきました。でも交通費は東武鉄道の株主優待券を事前にダフ屋で買って、特急を載らず安上がりにすませ、4000円弱でしたよ。

天候はあまりよくないけども、やしおツツジやミツバツツジがきれいでいた。
龍頭の滝

続きを読む »

プロフィール

和田 伸夫

Author:和田 伸夫
全石油ゼネラル石油労働組合の事務局長をしています。
労働問題などに相談がある人は、遠慮なく連絡をください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク