ロヒンギャ、そしてカタロニアにクルド

東京新聞夕刊によると、ミャンマーから追い出されたロヒンギャの避難民60万人のうち6割が子供だという。多くの親が殺され、バングラ側に逃れることができたのは子供達。仏教徒が平和な宗教なんてのは全くのウソだ。宗教とか民族という形而上学的な観念は排外的に、かつ差別的になる。報道によると、ユニセフの支援要請に対し、各国政府やNGO,市民からの腰は引け。、目標額の7%しか集まっていないそうだ。

イラクのクルド独立、そしてスペインからのカタローニア独立と難しい問題が起きている。なんとか血で血を洗うようなことにならないことを願う。

国連難民支援?UNHCRにカンパをする手続きをした。

19日、夜の国会前に行った。安保戦争法の成立を呪っての毎月行動だ。冷たい雨の中、1200人が集まった。
精神科医の香山リカさんの話は私と同じ思いだったので紹介する。
・・・・・民進党が希望に合流し、これは駄目だと思った。選挙期間中は外国に逃げようかとも。ところが立憲民主党ができて、事態は変わった。野球でいえば9回2アウト・ランナーなし。そこから急展開した。だけど考えてほしい。あまり喜ぶな、リベラルが1/3を超さないし、300を自民党がとると報じられている。選挙後は9条改憲が待っている。クールに改憲反対で行きましょう。

スポンサーサイト

1輪の酔芙蓉

鉢植えに、か細くつぼみが1輪あった酔芙蓉。
このところの寒さで開花せずに終わるかとあきらめていたら、雨の中で白く咲いていた。普通は1日のうちに白からピンクになって散るのだが、いきなりの寒さのためか2日後にピンクになった。今夕には散るだろう。
酔芙蓉2

昨日、JXTGでのOU組合の団体交渉に出た。
統合新会社の労働条件を合わせる第2陣の提案で、来年7月以降の賃金や評価制度、退職金などなど、これで旧両社の労働条件はほとんどが同じになる。別々の会社の条件整備にあたって、ゼロベースで検討したと会社は言うが、大体JX側に合わせられていた。元の条件に比べ凸凹ができるのは仕方がないのだが、整合化に合わせて、おかしなことが入ってきたなという感じ。

たくさんの項目があって、そのため完全に理解できてはいないが、会社説明を受けての危惧は人事評価制度
1、賃金が下げられる者への暫定措置を2年間設ける。その後は、賃下げ割合を設け引き下げてしまう。
2、高卒・高専卒の「オペレーター」には、管理職昇格やスタッフへの職種転換があまりない感じだ。
3、評価制度により、賃金・賞与に加え、新たに退職金ポイント制が入り、退職金にも差が付けられる。また、できの悪い者への降格制度も加わった。
4、交替勤務の直副長SSVが班長(組合員)に格下げられる。SSI(直課長)をどうするかは検討中とか
5、退職金年金が確定給付から確定拠出になる。
他にもあるが、何かガックリするものばかり。特に学歴身分制みたいなのができて、そんなことで活力が出るのかな。旧TGでは現場のまとめ役のSSVやSSIはオペレーターから昇格するのだが、旧JXでは管理職は学卒者のみという。提案されたものはその通りだった。
反発・軋轢が出てこよう。現場が動揺すればプラントの安全に直結する。とても心配だ。

<私事>
眼科と歯科の半年ごとの定期検査で、
目は緑内障の点滴を始めろといわれ、
歯は歯周病でグラグラ、来年には抜歯し入歯にと予告された。

1月から週2回やっていた花屋の早朝バイトが終わった。
作業所を閉鎖し店舗で店員が前処理をすることに変更したためだ。

八丈島の花屋かな花

池袋西口で「よさこい」祭りが7日8日とあり、八丈島の物産店で買った「極楽鳥」。南の花、華やかだ。
よさこい踊りは集団ダンス化しており、ショウとしてみれば楽しい。
極楽長

昨日の福島地裁判決は、原発事故の責任を東電と国にある、とした。地震・津波に対する、国の不作為を断罪したのは当然のことだ。
安倍首相は選挙の第1声を福島市でやったようだが、原発事故にはふれなかったという。「人の噂も七十五日」といわれ、日本人の忘れやすい気質そのままに、彼は原発事故があったこと、あんな恐いことを繰り返してはいけないという反省など忘れてしまったようだ。

枝野幸男議員が立憲民主党を立ち上げ、民主党立候補者では少数だが現職15人が同党で戦うことになった。民進議員の多くが勝ち組に遅れるなと「希望」に移った。戦争・安保法は党として違憲といっていたのに、小池の踏み絵を踏んだ。これを変心、裏切りといわず、何というのか!!
前原党首が小池とタッグを組んだことで、改憲派も混じった民進党がふるいにかけられ、かえってスッキリした。
これまでは目をつぶって変な民進党議員に入れるしかないか共産党に入れていたが、今度の選挙では目をあけてリベラルに投票できる。枝野の結党決断には感謝。

元の会社のこと
先月、川崎工場でセクハラで減給処分が出た。横浜工場でも数カ月前にセクハラ処分が社報にのっていた。旧TGの時にはセクハラやパワハラでの処分は聞いたことがなかった。処分があっても公表されなかった。大体が聞き取りばかり続いてそのうちにうやむやにされるケースを2,3知っている。
その点、JX側のやり方はスマートだ。訴えがあれば審査し、問題あれば処分し、名前は不明だが社報でだす。注意喚起にもなる。・・・・川崎工場の誰なんだろうなバカなことをやった奴は?

55歳以上の管理職に早期退職募集が始まったようだ。加算金付きで就職あっせんもある。旧JX側は55で役職定年になり、4月の定期異動で関係会社へ出向?異動?する。そうすると、この募集対象は役職定年のなかったTG側が多いのだろう。「副部長」なんて職は、仕事もないようだし
製油所の直接部門の設備削減、本社や支店などの間接部門の整理で大幅な減員が予想される。今回の早退は、その一環には違いない。

「ICAN]がノーベル平和賞に

朝刊で、ノーベル平和賞に核兵器廃絶の活動をしてきた「ICAN」という世界の反核平和市民ネットが受賞したことを知った。ICANとは,International Campaign to Abolish Nuclear Weaponsで、100カ国470団体の組織だという。国連で核廃絶の条約推進させたことが評価された。私は、ノーベル賞、とりわけ「平和賞」なんて胡散臭いとみていた、例えば佐藤栄作首相。最近ではミャンマーのスーチー。だけど、今回の受賞は、平和賞に恥じないともろ手を挙げる。

新聞で、川崎哲さんがピースボートの役員としてICANの活動の重職を担ったとある。久しぶりに川崎さんの顔を見た。それほど親しいわけでもないし、すれ違ったのは短い期間だったが、知り合いであることには違いがない。彼も48歳なんだ。
すごいことをやってきたんだなと、嬉しくなる。
私がOuの組合専従をやっていたころ、連日のようにPKO法案反対で国会に抗議に行った。その時に彼を知り合いに紹介された。
憲法の精神を守れ、日本の役目は紛争解決の平和醸成であり、直接兵力投入はすべきでないとPKO派遣法案に反対した。しかし、当時の社会党は内部が分裂し、自衛隊を海外紛争地に送る法案に多くが賛成し、成立した。・・・・・・それからは自衛隊がどんどん海外に出ていき、ジプチには基地を設け、日米軍事一体化がすすめられた。今や、北朝鮮倒しにトランプと一体だ。

当時、川崎氏は東大の在学中で、代々木公園のホームレス支援をしていた。弱い者を支援したい、平和の活動をしたいといっていた。いま時の学生には珍しいなと思った。何度か会っては挨拶をしたが、その後、ピースボートの専従活動に専念したようで顔を見ることがなかった。いずれにしても、今や雲の上の人。若い力を発揮できて良かった。

丸木美術館の「原爆の図」が50年たって痛みが激しいので補修しないとみれなくなってしまうそうだ。5億円の寄付を呼び掛けているが、まだその1割しか集まっていないという。気にはなっていたが、まだカンパをしていない。ICANのノーベル平和賞から、「送らなくては」と思った。若干、株の利益もあることだし

涸沢小屋は超満員だった

北アルプスの紅葉を見に2日夜行バスで上高地に行き、昨4日夜帰ってきた。ナナカマドなどの紅葉を見に、穂高岳を間近にした涸沢小屋は超満員だった。16人宿泊可能のところに15人。足と頭を交互にして寝た。学生の頃、南アルプスで経験したことがあるが、よもやこんなことを経験するとは思いもしなかった。睡眠不足だった。腰の方も問題なく、良かった。

天気が良く、紅葉を背景に北穂高、奥穂高、前穂高はばっちり見えた。3日午後、前穂が涸沢小屋から正面に。
涸沢小屋から前穂高

翌朝、下山する。涸沢小屋から100mくらい離れた片沢ヒュッテで北穂高をスケッチした。北穂は涸沢小屋の裏になる。
北穂高を涸沢ヒュッテから

立憲民主党が立った。枝野議員を軸にリベラルの旗、本当に良かった。
プロフィール

和田 伸夫

Author:和田 伸夫
全石油ゼネラル石油労働組合の事務局長をしています。
労働問題などに相談がある人は、遠慮なく連絡をください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク