6年目の3・11

昨日は東北大震災から6周年。今もって被災者の多くが元に戻れず、4000人近くの震災関連死亡を含めると2万人余の死亡・行方不明者が出た。突然の天災に対し、みんなで応援しなくてはいけないのに、高台住居もほとんどできず、福島の自主避難者には放射能規制を緩和して「帰れ!帰れ!」と強制。一方で、森友学園のような事件や豊洲の東ガス跡地の汚染問題。軍事費の一層の増強と、放漫というか無駄に金が使われており、憤懣やるかたない。

昨夜衛星放送で、東北各地の素晴らしい桜見物を1時間やっていた。苦労しながら、でもへこたれずに頑張っている人たち。涙が出ました。

3.11毘沙門山
3.11の東電抗議行動や国会包囲などは翌週に回し、私は山仲間と日光近くの毘沙門山にハイキングをした。男体山や女峰が岳なども雪をかかえた雄姿が見えた。

2時46分、駅で電車を待っているときウーウーと避難訓練の合図が聞こえたので、1分間黙とうをした。
福寿草日光周辺はまだ寒く、福寿草が庭先で咲いていた。

来週16日には春闘回答があり、団交に出席することにしている。

3.11からまもなく6年だ

1時からの新宿デモに行ってきた。福島原発事故避難者が今月末に故郷に帰れと、仮の住まいから追い出されようとしている。放射能がばらまかれているところを、安全地帯とされて帰還を強いられているのだ。「自主避難者」の、特に女性たちがこうした国の政策に抗議してこの行動を呼びかけた。
「3・11からもう6年」「福島原発は何も解決していない」「被害者への支援しないでおかしいぞ」「原発の電力を東京は使ってきた/皆で応援しようよ」とデモをした。それにしても街行く人は、ビラすら取らない。

この集会に行って知ったこと。
*すでに福島県内の子どもの甲状腺ガン並びにその予備軍が183人となった。一般的には1万人に一人のガン発症というのだが、それでも公的には原発事故との因果関係を認めない。さらに問題なのは、福島以外の場合は検査がなされないため、ガン発症が進んだところで見つかっている、という。
*福島第1原発の2号炉につながる排気塔のアングルが錆て倒壊しそうだ。メンテナンスするにも放射線が強すぎて近づけない。2号炉は屋根が壊れずにあるので放射物質が封じ込められている。もし倒れたら大変なことになる。
*小池都知事は、福島原発から逃れて都営住宅に住んでいた被害者の住宅使用の要請に対し、「もう安全でしょう、お帰りください」といったそうな。豊洲市場の安全問題も、彼女にとっては政治的なパフォーマンスでしかないのか。

私は3・18の福島は郡山の集会に参加する。日帰りバスだ。

岩波新書「ポピュリズムとは何か」水島治郎
そもそもポピュリズムとは、南米の階級格差が激しいところでの特権階級への反旗、民衆運動であった。
ところが現在の、西欧の反移民や反イスラム、アメリカ合衆国のトランプ旋風そして日本の橋本・維新などは、「デモクラシーの後を影のようについてきたポピュリズム」。既成政治打破そして「特権」階級への怨恨・・・・ここでいう「特権」享受者とは大金持ちではなく、公務員や難民、生活保護者などの行政に救われている者たちや大企業で労組員として守られている人。卑近な言い方をすれば「やっかみ」だ。

トランプの「アメリカ第1」にしても、イギリスのEU離脱決定もそうだが、それを支持するブルーカラー層の不満、このままいくとイスラムに乗っ取られるのではないかという不安。これが偏った一部世論ではなく先進国の「サイレント・マジョリテイ」の意識とするなら、困った事態である。
困った困ったといっていても仕方がないが、本当に大変な世界に突入したのだろう。

宝登山、まだ蝋梅咲いていた

昨日、もうだめかなと宝登山(497m)に行った。秩父は長瀞にあって、東武東上線で寄居まで行ってそれから秩父線。電車で行くだけで3時間近くかかった。
蝋梅が1000本以上咲くと宣伝していたが・・・・もう早咲きの桜の時期だし、だめかなと思いつつ
翌日の雨を前に、曇りで持ち込縦くれた。蝋梅はまだ咲いていたが、白や紅の梅花もたくさんあって、この花は華やかさがないからなー。もう春である。
宝登山

森友学園の話。自民党というよりも安倍や日本会議の連中による、政治壟断があらわになった。当然、維新の会がぐるになってのことだ。私の好きな黒川さんが、やくざも驚くこの事態を材料に、どんな小説を書いてくれるかな。

袴田事件のことで検察が再審停止を申し入れていた件、裁判所が受け付けたという。3年もたって。DNA鑑定の弁護側のやり方に難癖をつけた。下手をすれば再拘留になりかねない。検察の面子でこんなことが許されるのか。化学論争は再審の中でやればいいはずだ。目が離せない。

キグナス株のコスモ購入について仕入れた情報は大体こんなところか。
①キグナスの親会社の三愛はJXとTGの大型デイーラーなので、要するにJT合併を面白くないとみているんではないか、
②コスモは四日市製油所をいずれ閉めるのでそうすると輸出をやめ、余裕がないのにキグナスへ供給すれば輸入対応になる。借金はさらに増やしてなにを考えているのかな。
③そうすると高度化法で製油所能力を削減したけども、輸入品が多くなり、METIは一体何をやってんだろうね・

大成建設は珊瑚を壊して、金稼ぐな

昨日曜日、午後、沖縄への基地建設に抗議する新宿のデモに参加した。西口には大成建設の本社ビルがあり、その周囲を抗議した。辺野古基地建設のため、珊瑚の上にコンクリートブロックを投げ入れているのは、大成建設だ。このゼネコンは、できが悪い。最近では福岡地下鉄工事で、中心部の巨大陥没事故を起こしている。官公庁の工事を請け負い、ピンハネで稼ぐ会社だ。

会社の方針として自然環境を守るということだが、沖縄でやっていることは一体何か。

230人のデモが大きなビルの下を抗議しても、声が届くわけではなく、情けない。道行く人も、デモの中身に関心なく、ビラすらほとんd受け取らない。国民の無関心が沖縄への基地集中を容認することになる。

デモ終了後、同輩と飲んだ。あまり彼の生活を知らなかったが、下流老人そのもので驚いた。若い時に企業に縛られるのを嫌がり、自由に暮らした結果というのだが・・・・・・・・都営住宅で単身生活。最近、朝から夕方まで、車での弁当配達の仕事を始めたそうな。微々たる年金では足らず、働かざるを得ない。今のところは健康だが、身体が動けなくなったら生活保護かな、という。いやはや老人の貧困は大変だ。
大目に飲み代を払った。

本日、バイトを終えその足で税務署で所得税の年末調整をやった。「ふるさと納税」やNPO団体への寄付の効果で、ようやく今年は還付されることになった。

袴田巌さんの再審開始を

本日、東京の文京区民センターで、袴田巌さんの再審無罪を求める全国集会があった。私の故郷・浜松の人であり、ずっとこの事件には関心をもっていた。清水の味噌会社一家殺人事件の犯人として、死刑判決を受け48年間も拘留されていた。ずっと無実を訴えながら、姉さんやボクシング協会などの支援運動により、3年前、ようやく再審の裁判所判断があって釈放された。しかし、即日静岡地検は釈放するなと抗告をし、これは棄却された。が、地検はこりもせず再審開始決定の即時抗告をした。東京高裁は、今もって地検の抗告を棄却せず、宙ぶらりん。再審開始どころか、いつ拘留されてもおかしくないというのだ。

私はこの集会で、こういうことを再認識した。
再審を前にした検察の嫌がらせ、そんなものは却下され、再審開始そして無罪放免と楽観的な感じでいた。しかし、最近の司法のひどさを見ると、安穏とはできない。

袴田
日本プロボクシング協会袴田支援委員会が、先輩のボクサーを救う運動をやってきたが、「再収監をさせない」という署名運動を始めないといけないと決意を語った。
右側の田中恒成さんは、WBO世界ライトフライ級王者で、名古屋の人。中部圏の人間としても無罪に向けて活動すると発言した。

会場では、名張のぶどう酒事件など冤罪事件の再審を求める署名がたくさんあった。こんなにもあるのかと10くらいの署名に協力した。

袴田さんはまもなく81歳の誕生日を迎える。拘禁障害はまだ続いているようだ。集会には献身的に支援をしてこられたお姉さんだけで、本人はいなかった。浜松駅までは来たのだが、「明日なら行く」と拒否られた。トンチンカンなことが多いが、ソウカと聞くだけにしているとやさしく語っていた。

リンク